2019年02月20日カテゴリ:Webサイト運用

Web施策の検討にも役立つ戦略フレームワーク〜アンゾフに学ぶWeb活用のヒント(1/3)

Web施策の検討にも役立つ戦略フレームワーク〜アンゾフに学ぶWeb活用のヒント
Igor Ansoff, 1971 by Mieremet, Rob / Anefo - Trimmed and retouched from Igor Ansoff, 1971.jpg is Licensed under CC BY-SA 3.0. Creative Commons License

フレームワークでユーザーを分類

事業戦略に自社のWebサイトを活用しようと思ったとき、具体的にどんなコンテンツを用意すれば狙った母集団を形成できるのか、頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

ユーザーにとって的はずれなコンテンツを用意しても、継続的には利用してもらえず母集団の形成ができません。施策を用意する側にとっても期待はずれな結果となってしまうばかりです。

 
では、どうすれば狙った母集団を形成できるのか?
 

それは、自社のサービスや製品のユーザーをどうやって分類すればよいかがわかれば、自ずと採るべき施策が見えてくるものです。そんなときこそ代表的なフレームワークを元にユーザーを分類してみるのも手かもしれません。

ここでは、具体的な施策を設計する指針として「アンゾフのマトリックス」が使えることを示してみたいと思います。

「アンゾフのマトリックス」とは?

事業の成長戦略や経営戦略を考えるフレームワークとして、「アンゾフのマトリックス」はシンプルかつ強力です。具体的には、次のような表であらわされます(日本語は参考訳です)。

  既存市場
PRESENT MARKETS
新規市場
NEW MARKETS
既存製品
PRESENT PRODUCT LINE
市場浸透
MARKET PENETRATION
新市場開拓
MARKET DEVELOPMENT
新製品
NEW PRODUCT LINE
新製品開発
PRODUCT DEVELOPMENT
多角化
DIVERSIFICATION

(参考 : Strategies for Diversification. H. I. Ansoff – Harvard business review, 1957

製品は新旧2種類しかありませんし、マーケットも新旧2種類しかありません。したがって、上の表は常に必ず成り立つ、と考えて良いでしょう。

アンゾフは「経営戦略の父」と呼ばれるだけあって、解説書やWebサイトがたくさんあります。「アンゾフのマトリックス」を詳しく知りたいという方はそちらをご参照いただければ幸いです。

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICA Lab.のWebサイト構築サービスについてはこちら
https://www.imagica-imageworks.co.jp/web/

「株式会社IMAGICAイメージワークス」は、2018年10月1日に「株式会社IMAGICA Lab.」となりました。

トップへ