2017年10月30日カテゴリ:Webサイトリニューアル

わかりにくいWebサイトリニューアルの見積をできるだけわかりやすく解説してみる(1/3)

わかりにくいwebサイトリニューアルの見積をできるだけわかりやすく解説してみる

比較が難しいWebサイトリニューアルの見積もり

Webサイトのリニューアルプロジェクトにかかる費用は企画から実装〜公開に至るまで多岐にわたります。

複雑な費用構成の中身を理解するだけでも大変ですが、コンペではその複雑な見積もりを比較検討しなければなりません。

同じRFPで提案してもらったにも関わらず金額差があったり、項目数もざっくりとしたものから数ページにわたる詳細なものまでさまざまです。

複雑な見積もりの評価するためには、金額の大小だけでなく含まれる作業内容やアウトプットの精査が必要です。

「企画」や「要件定義」の中身とは?

プロジェクトの初期フェーズである「企画」「要件定義」
見積もりの単位としては「一式」としてまとめられていることも多く、内容がわかりにくい項目の一つです。

具体的には調査・分析・資料作成にかかる費用となるのですが、会議も多くなるためその費用も加わります。
厳密には交通費や業界や企業研究のための書籍購入といった費用も含むこともありますが、よほどの高額でない限り見積もり明細に反映されることはありません。

必ずしも正比例するわけではありませんが、会議や資料、あるいは定義すべき要件の対象が多くなるにつれ費用が増加する傾向があります。

金額についてはプロジェクトの規模や目的によって大きく異なりますが、プロジェクトの成否に大きく関わるフェーズですのであまりケチらずに十分な予算(と特にスケジュール)を確保しておくことをおすすめします。

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICA Lab.のWebサイト構築サービスについてはこちら
https://www.imagica-imageworks.co.jp/web/

「株式会社IMAGICAイメージワークス」は、2018年10月1日に「株式会社IMAGICA Lab.」となりました。

トップへ