2020年07月29日カテゴリ:Webマーケティング

すぐにできるSEO対策&集客施策!企業サイトの「メタ情報」の最適化(1/3)

見落としがちだけど重要な「メタ情報」

Webサイトに訪れるユーザーがそのページにたどり着くより先に目にするもの、それが「ページの名前(title)」やそのページの「概要テキスト(description)」といった「メタ情報」です。

検索結果やSNSにシェアされたリンクなど、さまざまな形でユーザーの目に触れる形になって出力されます。

Webページのソースコードを表示すると、

「なんだかもじゃもじゃと書いてあるのは知っているけど、特に気にしていなかった」

という場合は朗報です。ちょっと手入れをするだけでSEO対策&集客施策につながる可能性があります。しかも、コストパフォーマンスに優れた施策です。

今回はもっとも重要な2つのメタ情報、「title」とmetaタグの「description」の見直し方について詳しく説明します。「ユーザーの視点」でこの2つのメタ情報を見直すことで、Webサイトに来てほしいユーザーにきちんと「伝わるWebページ」に生まれ変わる可能性があります。(「keywords」は2020年現在、特に効果的とは言えないので割愛します)

そもそも「メタ情報」って?

ややこしいことを理解するには急がば回れです。そもそも「メタ情報」の「メタ」の部分の意味を押さえておきましょう。

言葉としての「メタ」は、「高次の」とか「下位を含んだ」といった意味の接頭語です。転じて、より上位の概念を表すものを「メタ」と呼んだりします。

例えば、

広島カープ

にとって、

プロ野球

は「メタ」な存在であり、さらに

スポーツ

もそのまた上位の「メタ」な存在です。

この場合、「広島カープ」をエンティティ(情報の実体)と呼び、「プロ野球」や「スポーツ」は「広島カープ」にとってメタな存在である、と言います。この他にもメタには「赤」「セ・リーグ」「マツダスタジアム」「交流戦に弱い」など、さまざまな附帯情報や属性情報が位置付けられます。

Webサイトのコンテンツを整理する時の「カテゴリ」とか「ジャンル」、あるいはブログサイトで言えば、「キーワードタグ」をイメージすると理解しやすいかもしれません。

企業サイトの場合、たとえば製品情報を扱う場合の「メタ情報」「エンティティ情報」については、こちらの記事でも詳しく解説していますのでご参照ください。

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICA Lab.のWebサイト構築サービスについてはこちら
https://iiw.imagicalab.co.jp/web/

「株式会社IMAGICAイメージワークス」は、2018年10月1日に「株式会社IMAGICA Lab.」となりました。

トップへ