2015年06月03日Webマーケティング

「サチコ」って何?Googleウェブマスターツール改め、Google Search Consoleを使う理由(その2)

「サチコ」って何?Googleウェブマスターツール改め、Google Search Consoleを使う理由(その2)

(その1から続く)

アクセス解析ツールのGoogle Analytics上でGoogleでのオーガニック検索トラフィックが(not provide)となって久しいですが、実は昨年、旧ウェブマスターツールで「検索クエリ」として分析できる機能が一部のユーザーに向けて試験的に公開されていました。
そして今年、「Google Search Console」と名称が変わるのと前後して、その機能がすべてのユーザーに公開されました。

ユーザーの検索パターンを分析する「検索アナリティクス」

Googleで検索されたクエリ(幾つかのキーワードの組み合わせによって生成される検索文字列)を元に、Search Consoleに登録されているサイトとの関連性を分析できるツールが「検索アナリティクス」です。

「検索アナリティクス」例

上のグラフの通り、サイトへの流入(クリックされた)数はもちろんのこと、そのクエリで検索(表示)された回数や掲載順位など、Google Analyticsでは解析できなかったサイト外部のデータ、つまりはアクセスする一歩手前のユーザーの動向も参照できるようになっています。
サイト(ページ)をお店に例えるなら、看板だけ見て素通りしていったユーザーがどの程度いたか、ということがわかってしまうのです。
フィルタリング機能も充実していて、さまざまな条件で分析ができる強力なツールへと進化を遂げています。

Google Analyticsをはじめとしたアクセス解析ツールはサイト運営に欠かせないものとして広く一般化していますが、サイト外のデータについてはリファラーやソーシャル情報など、ごく限られたデータしか取得することができません。
一方、Search Consoleは検索トラフィック=サイト外のトラフィックを分析するツールですので、アクセス解析ツールではできなかったサイト外の状況を把握することが主目的となります。
このようにざっくりと「サイトの内側=アクセス解析ツール/サイトの外側=Google Search Console」としてそれぞれ補完する関係ととらえると、ツールの位置付けも理解しやすくなると思います。

まとめ:検索アナリティクスでお客さんの流れを把握し、検索デザインでお店の看板を整える

最後に、サイト=「お店」、検索結果に表示される内容=「看板」の例えで改めて整理してみましょう。お客さん(ユーザー)は看板(検索結果)をキョロキョロ見ながら目的のお店(サイト)を探している、というイメージです。
もうおわかりかと思いますが、お店の前を通り過ぎるお客さん(ユーザー)の動向を「検索アナリティクス」で調査・分析し、そこで得たお客さんのニーズや求めている情報を「検索デザイン」でわかりやすく看板(検索結果)に反映することができれば、今まで入り口まで来てもらいながら看板を見ただけで通り過ぎていったユーザーを誘導することができるようになる、ということになるかと思います。
そして検索トラフィック上においてもユーザーの視点にたって、求めている情報がありそうか、探している答えが見つかりそうか、そうユーザーに予見させるコンテンツとデザインが必要となるのではないでしょうか。

ところで「サチコ」って何か、もうおわかりですよね?

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者(Web担当者)の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICAイメージワークスのWeb制作サービスについてはこちら
https://www.imagica-imageworks.co.jp/web/

Webも映像もグラフィックも。

IMAGICA IMAGEWORKS
トップへ