2018年07月26日Webデザイン

【面接官対就活生2020】ペルソナ設定を応用して世代間ギャップをあぶり出す!

【面接官対就活生2020】ペルソナ設定を応用して世代間ギャップをあぶり出す!

採用サイトを作るには、ペルソナ設定がとても重要です。

昨年も「2019入社のペルソナ作りのヒント」を書きましたが、今回はそのペルソナ設定を応用して、「世代のギャップ認識」にチャレンジしてみましょう。

学生と面接官のペルソナ例

面接で接する会社の人たち(特に役職のある方々)から、学生がどんな雰囲気を感じ取っているのか、それを理解できるかどうかが、自社にマッチする学生を採用するための重要なファクターとなります。

少しでも学生の視点に寄り添えるように、ギャップを具体的にイメージできるペルソナを設定してみました。

 

学生 現在21歳 男性
2018年に21歳ということは、1997年生まれです。
消費税が5%に引き上げられ、山一證券が破綻し、日本が悲願のW杯出場を決めた年です。

面接官A 37歳 男性(係長)
この係長が社会に出た15年前は、地上デジタル放送が始まり六本木ヒルズができて、「世界に一つだけの花」がヒットしました。

面接官X 42歳 女性(課長)
この課長が就職した頃はまだデスクにはCRTのモニタがどかんと鎮座しており、インクリボンのドットプリンタがうるさい音をたてて連続紙を吐き出していました。

面接官B 48歳 男性(部長)
この部長が上京してきた30年前は、昭和でいえば63年であり、その翌年に昭和が終わりました。そして、来年は平成が終わろうとしています。

面接官C 65歳 男性(社長)
この社長が18歳の時にマクドナルドの日本1号店がオープンしました。そして、日清カップヌードルが発売され、NHK総合でカラー放送が始まった時代でした。

想定問答例

さて、それぞれのペルソナを共通の軸で体験・記憶を串刺しにした時に、どんなラインナップになるのか?エンタテインメントコンテンツを中心に並べてみました。

 

観ていたロボットアニメは何ですか?

思春期を迎えるより前に接することの多いロボットアニメは、基礎的な価値観の形成に影響を与えています。

  • 学生「交響詩篇エウレカセブン」面接官の誰一人、タイトルすら知りません。
  • 係長「新世紀エヴァンゲリオン」逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。
  • 課長「Dr.スランプ アラレちゃん」ロ、ロボットでした。確かに。
  • 部長「機動戦士ガンダム」この世代の方は「三倍速い」という言葉に過剰反応します。
  • 社長「月光仮面」アニメでもロボットでもないですし、色すらついてませんね。

萌えたアイドルは誰ですか?

メディアへの露出が多いアイドルは世代の象徴とも言えるでしょう。

  • 学生「欅坂+乃木坂を足して92」面接官は全力坂ぐらいしか知りません。
  • 係長「綾波レイ」多分3人目だと思うから。
  • 課長「光GENJI」ローラースケートを必死に練習しました。
  • 部長「松田聖子」24曲連続オリコン一位、いまや女王。
  • 社長「中尾ミエ」ん?

印象に残った漫画は?

時に社会現象のようにブームとなる漫画は、強烈なストーリーやキャラクター性で読者を惹きつけ価値観の形成に影響を与えることもあります。

  • 学生「進撃の巨人」なんの成果も!! 得られませんでした!!
  • 係長「ジョジョの奇妙な冒険」だが 断る
  • 課長「ちびまる子ちゃん」たまちゃん……
  • 部長「タッチ」な、ウソみたいだろ。
  • 社長「あしたのジョー」燃えつきた……まっ白な髪に……

夢中になったゲームは?

エンタテインメントの中でも進化のスピードが早いゲーム。ゲームの中から学べることも多く、近年では論理性や言語力をきたえる役割を担っていることも少なくありません。

  • 学生「Wii Sports」すっ飛んでくコントローラーで障子一枚破りました
  • 係長「ときめきメモリアル」このためにSuper CD-ROM2買い込みました
  • 課長「UFOキャッチャー」あぁ、買えない自販機ですね
  • 部長「ポートピア連続殺人事件」ヤス ト ヨンデクダサイ。HIT ANY KEY
  • 社長「男と女のラブゲーム」(ゲーム違いのようです)

 

いかがでしょう。

それぞれの時代を象徴するエンタテインメントがあり、人々の中に少なからずその影響を残しています。

世代間に様々なギャップがあるのは当然のことです。そして、ギャップの存在を前提としたコミュニケーションを行うことで、組織になじんで一緒に働いてくれる学生と出会えるチャンスが増えるのではないでしょうか。

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者(Web担当者)の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICAイメージワークスのWeb制作サービスについてはこちら
https://www.imagica-imageworks.co.jp/web/

Webも映像もグラフィックも。

IMAGICA IMAGEWORKS
トップへ