2015年08月06日Webサイトリニューアル

意外と知られていない!?Webサイトリニューアルに向けた基礎調査のススメ

意外と知られていない!?Webサイトリニューアルに向けた基礎調査のススメ

先日、入居しているマンションに修繕計画が持ち上がったとのことで、その説明集会に行ってきました。

集会では専門業者による調査結果の報告と質疑応答の後、住民として困っていることや修繕してほしい箇所についてアンケート用紙が配布され散会となりました。
マンションの修繕計画では当たり前に行われているこのような手続きも、Webサイトのプロジェクトにおいて実施されることは少ないのではないでしょうか。

そんな思いつきから、今回はリニューアル計画に先立って事前に調査を実施することの意義について考えてみました。

前提条件が曖昧なまま進行しがちなWebサイトのプロジェクト

まず最初に、Webサイトのリニューアルプロジェクトでありがちな失敗モデルを挙げてみます。

  • サイトのボリュームやコンテンツと予算規模・スケジュールが釣り合わず、コンペを行ってもまともな提案が受けられない
  • 提案は魅力的だったのに、プロジェクトが進んでからシステムやインフラのボトルネックが発見されて計画が止まる
  • 目的があいまいだったため、完成したものが正しいのかどうか微妙な印象に終わる

いずれもオリエンテーションやコンペ提案の段階でプロジェクトの前提条件があいまいだったり、本当に重要な条件が提示されていないことが一因としてあります。

オリエンテーションで提示されている内容が要望や希望だけで、前提となる条件が正しく精査されていない場合、提案する側は制約条件を十分検討することができず、また課題解決の優先度も自分たちなりの解釈をせざるを得ないため、結果として要望や希望を満たすだけの提案となりがちです。

その結果、本来は目的に応じたコンテンツと機能で構成されるべき提案内容も、目についた(本質的ではない)問題の解消や手法としての目新しさが判断の決め手となってしまいます。

前提となる条件がプロジェクトがスタートする段階で正しく整理されていれば、提案も受ける側も企画内容についての妥当性や目的に沿っているかを客観的に見極めることができるはずです。

目に付きやすい問題に加えて潜在的な課題を把握する

マンションの場合、外観から電気設備などのインフラ、水漏れや耐震といった構造関わる問題まで、それぞれ専門の業者が劣化状況や資産価値などを個別に調査します。
さらに区分所有者(=居住者)が個々に抱えている、気づいている問題をアンケートなどで集約します。

また、マンションの場合、10年〜15年といった周期で行われるため、そのための費用も積み立てられており、上限は決まっています。

それら修繕にかかる予算とコストを総合的に検討し、最大限のベネフィットが得られるよう計画が立てられるはずです。

同じようにWebサイトにおいても、各カテゴリやコンテンツを所管する責任部署、さらにサーバなどインフラを管理する部署に加えてページ制作やコンサルなどを委託している業者など、様々な関係者が関わっており、彼らを無視してプロジェクトを進めることはできません。

さらにWebサイトのプロジェクトにおいては、目につく問題だけでなく潜在的な課題や目標が潜んでいます。
特にコーポレートサイトの場合、部門・部署ごとにベネフィットとなるコンテンツや機能が異なっているのは、こちらのブログ記事(担当者をその気にさせる?!部門・部署別コーポレートサイト活用のヒント)でも考察したとおりです。

ですので、可視化できる情報を収集する一方で、関係各所へアンケートやヒアリングを実施して目に付きにくい課題を洗い出していく必要があるのです。

リニューアルに向け指標となる項目を調査する

リニューアル前に実施しておくべき調査項目についてはプロジェクトによって異なりますが、概ね以下の通りです。

  1. 現在のページ(画面)数
  2. 直帰率や離脱率の高いページ
  3. 問い合わせ件数と有効率
  4. Webサーバーの環境
  5. トラフィックのボリュームと傾向
  6. 導入しているシステムのサポート期限
  7. 競合企業サイトの評価
  8. アクセスの多いキーワードの傾向
  9. 関係各所へのアンケートやヒアリング内容

いずれの項目もリニューアルの目標や指標として客観化できる要素を含んでいます。

これらの内容をオリエンテーションの際に提示することによって、提案する側もリアリティのある案を提示することができますし、受ける側も比較選定の基準が明確になります。

もちろん、前提条件が整ってさえいればプロジェクトはうまく進むとは限りませんが、最初から目指す方向が間違っていると、後々の軌道修正に思わぬコストがかかることは間違いありません。

それぞれの調査項目は専門的かつ分野が多岐にわたるため、実行に移すにはそれ相応の知識や労力が必要です。

もちろん、IMAGICAイメージワークスでもWebサイトの基礎調査として承っております。
リニューアルはもちろん、とりあえず自社サイトの状況を把握したいといったご要望でも結構です、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者(Web担当者)の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICAイメージワークスのWeb制作サービスについてはこちら
https://www.imagica-imageworks.co.jp/web/

Webも映像もグラフィックも。

IMAGICA IMAGEWORKS
トップへ